トイレットペーパーを大量に流す

一回に使う量が多すぎる

トイレットペーパー自体は水溶性の紙ですから、水に溶けます。だから、普通にトイレで流したとしても異物が無い限り詰まることはありません。しかし、トイレットペーパーを大量に使ってトイレに流してしまうと、排水口や排水通路が詰まってしまうという事態に陥ります。一度に使う量が多いことによって、トイレの詰りが発生するので、一度に使う量を抑えるということを心掛けるといいでしょう。 大量に使ってしまいそうだなという時には、途中の段階で流してください。途中段階で流すことができれば、トイレの詰りを防ぐことにつながります。一度で大量に流すと詰りが発生しますので、分割するような形で流すようにすることで、そのリスクを下げることになるでしょう。

水圧が低すぎることにより起こる

トイレットペーパーが発生源となってトイレが詰まるもう一つの要因として、水圧が低すぎることがあります。水圧が低すぎたら水が流れる力が弱まりますので、排水口や排水通路にトイレットペーパーが溜まってしまい、結果的にトイレの詰りが発生します。 トイレを使う時は排水レバーを用いて水圧の強弱を切り替えています。トイレットペーパーを使う場面を想像すると、強にレバーを合わせると、水が勢いよく流れますので、詰まることはよっぽどのことが起きない限りないでしょう。 しかし、排水量を調節するという目的で、ペットボトルを使って節水をした場合に、強を押したとしても排水量が調節されていますので、必要な水圧が確保できずに、トイレが詰まるということがあり得ます。