携帯電話などの異物を落とす

近年のトイレつまりで多いトラブルについて

従来のトイレつまりは一度に大量のトイレットペーパーや排せつ物をながそうとして起こるのが普通でした。しかし近年では携帯電話を誤って排水管に落とすのがトイレつまりの大きな理由になっています。精密機器の製造技術の向上によって現在では殆どの人が携帯電話を所有しています。機器の小型化によって扱いが容易になった反面、携帯電話の寸法はその多くがトイレの排水管に丁度良く収まる大きさであることから、誤って落とすと排水管の奥まで入り込んでしまうのがつまりに至る要因です。また、近年ではスマートフォンが普及していますが、携帯電話よりも薄型の形状であることから余計に排水管の内部に入り込みやすく、取り出すのが困難であることが問題視されています。

携帯電話によるトイレつまりを避ける工夫と対処法

携帯電話は用途の性質上、常に持っているのが普通です。そのため、トイレの中に落としてしまうリスクをゼロにすることは出来ません。ストラップを取り付けて手と繋げるなど、リスクを減らすための工夫が求められます。また、トイレを使用する際は携帯電話を持ち込まないのが最良ですが、通話やメールなどの使用頻度によっては現実的な対策では無い点を注意する必要があります。万が一、携帯電話を誤ってトイレの中に落としてしまった場合はすぐに取り出します。携帯電話のバッテリーから漏電すると排水管が傷む可能性があるためですが、排水管の奥まで入ってしまうと自力で取り出すのはほぼ不可能です。そのため、修理業者にトイレつまりの解消を依頼するのが無難な対処法になります。