市販のラバーカップを活用しよう

自宅のトイレがつまった際の応急処置について

トイレつまりの多くはトイレットペーパーの流し過ぎで発生します。市販のトイレットペーパーは流水に溶ける性質がありますが、水の量が少ないと排水管に残ってしまい、つまりを引き起こします。また、近年のトイレは少量の水で排せつ物を流す節水機能が付いている物もあるので、使い方を誤ると排水管のつまりが起きやすくなるのが問題です。トイレつまりの解消は専門業者に依頼するのが無難ですが、費用が嵩んでしまう他、業者の作業が終わるまでトイレが使えないので注意が必要です。軽度のつまりであれば市販のラバーカップを使うことによって自分で不具合を解消させることが出来るので、上手に道具を使うことによってトイレをすぐに使えるようになります。

ラバーカップを正しく使うためのポイント

ラバーカップによるトイレつまりの解消は誰でも手軽に実行出来る利点がある一方、方法を誤ると排水管を傷めてしまう可能性があります。トイレつまりの解消には十分な量の水が必要なので、トイレの形状に合わせて作業を進めることが大切です。また、節水機能付きの新型のトイレは排水管の形状が独特な物が多いため、排水管の内部を真空にして逆流させるラバーカップが使えないことがあります。現在は節水機能付きのトイレに合わせた形状のラバーカップが市販されているので、トイレの年式に合わせて道具を選ぶのがつまりを解消させる条件です。ラバーカップに使われているゴムは年数が経過すると弾力性が低下してしまうので、定期的に買い替えるのが作業を適切に行う工夫になります。