しばらく放置してみる

トイレが突然つまるメカニズム

私たちが毎日使用するトイレですが、昔は汲み取り式のトイレだったのが今では水洗トイレが主流になりました。においや衛生面は大変向上しましたが、「トイレつまり」という問題も起きるようになりました。ではこの「トイレつまり」は、どのようにして起きるのでしょうか。トイレつまりは、汚物や水を流す排水管がつまることによって起きる現象です。トイレつまりが起きると、本来流れるものが流れずに便器内に水とともに溜まってしまい、便器の許容量を超えてしまうと床に流れ出てしまいます。原因は、水の力で流れる容量以上のものを流したときか、本来流すべきものではないものを流してしまい、排水管がつまってしまうためです。トイレつまりのメカニズムは、大きくこの2つの原因で起こります。

トイレつまりNo.1はティッシュつまり

トイレつまりは、実にさまざまな落下物などで起こります。よく見られるものとして紙ナプキンやオムツといった生理用品から、携帯電話や子供のおもちゃなんてものもあります。しかしトイレつまりが起きる原因の1位は、なんとティッシュつまりで、トイレットペーパーを大量に使い過ぎた結果、排水管につまってしまうことなのです。トイレットペーパーが原因でつまってしまったときは、時間をおいて再度流すと改善することがあります。トイレットペーパーは汚物と水を一緒に流せるように、水に溶けやすく作られています。大量にトイレットペーパーを流したときは、水と親和して溶けていない可能性がありますのでしばらく放置してみましょう。トイレットペーパーが水を十分に吸い込んで溶けて、トイレつまりが解消しますよ。